筑後署・小型無人機安全対策協議会にて

筑後警察署から協議会参加の打診はあってましたが、「うちの倶楽部は参加しませんよ」言いましたら、お迎えにきますからと言われ、当会長も断れないことに。出向きましたら、筑後警察署署長さまの音頭取りで協議会メンバーとして集まったのは、大木町副町長、筑後市副市長、三潴消防署署長、筑後消防署消防長、大川消防署消防長、JR筑後船小屋駅長、それと当倶楽部も加えられてました。午後からはじまりましたが、午前中に電話がありドローンの説明をお願いします、といわれ、あまり準備もなし、また、何をやられるか分からないままに会場入りした次第。
当倶楽部は1時間ほどの会議の半分以上を使い、ドローンの簡単な説明、デモ飛行等行いました。各所、たいへん興味がおありだったようで、質問時間が大幅に伸び有意義ではありました。なお、地方署が主導して行うドローン協議会は県内では初のようでした。私ら、大木町・マルチコプター(ドローン)倶楽部は安全飛行に勤めるのはもとより、啓蒙活動にも力点を置いていきます。会員募集中です。